乳首の黒ずみをピーリングやスクラブで解消
一度できてしまった乳首の黒ずみ。「なんとかピンクにする方法はない!?」と調べているとき、ピーリングという方法を知りました。

どうやらバストトップに限らず、どこかが黒くなっちゃったときに使われたりするケアみたい。「これはもしや乳首にも使える!?」と気になったので、これについて詳しく調べてみました!

実際にこれでピンクにすることはできるか、スクラブを買って試してみたりもしたので、その結果などもあわせてご紹介します!

ピーリングやスクラブで乳首の黒ずみは薄くなる?ならない?

ピーリングって普段の生活であまり聞かない単語ですし、ケアの方法に入る前に「そもそもバストトップが黒くなるのはなんで?」っていう疑問もありますよね。

そこで、まずはこの症状が何で起こるのかから、これにピーリングは有効かどうかなどをお話しさせてもらいます!

摩擦など原因はたくさん!乳首の黒ずみが起きる原因

私もそうでしたけど、「気づいたらバストトップが黒くなってた!」って人が大半じゃないかなと思うんです。コレの原因って本当にたくさんあって、「え、これが原因だったの!?」って感じですよ。

乳頭の黒ずみの原因

  • 合っていないブラとの摩擦、圧迫
  • お風呂で洗うときなどの刺激やこすれ
  • 乾燥
  • 偏った食事
  • 不規則な生活
  • ストレス
  • 紫外線
  • ホルモンバランス
  • 加齢
  • 妊娠

加齢とか妊娠とか、生活習慣とは関係ない原因も一部あるんですけど、「ブラとのこすれ」とか「偏った食事」とか、「不規則な生活」とか、原因の多くは普段の生活の中にあったり。

どれか1個でも当てはまったらアウト!ってわけじゃないんですけど、たくさんの原因に当てはまるほど、私達女性の乳頭は黒ずみやすくなり、ピンクにするのは難しくなるんです・・・。

多くの場合はメラニンが原因!乳首が黒く染まるメカニズム

黒ずみが起きた乳首を見て「なにこれ!?」ってビックリした人も多いんじゃないでしょうか?「まさか病気!?」って思ったかもしれませんが、実はこれ、メラニンという色素の色に染まってる状態なんですよ。

メラニンとは

  • 体内で作られる色素
  • 黒っぽい色になることが多い
  • お肌が刺激を受けるとメラニンが作られる
  • お肌に溜まるとそこがメラニンの色に染まる

シミやソバカスの原因としてこれを聞いたことがあるかもしれませんね。紫外線を浴びるとシミなどができるのは、刺激を受け取った.お肌がコレを作るからなんです。

コレが増えてお肌に溜まると、そこがメラニンの色に染まるんです。ブラとのこすれといった原因で、乳首にたくさんのメラニンができると、黒ずみの原因にもなります。

ちなみに「妊娠」をきっかけにバストトップが黒ずんだと悩む女性が多いのは、妊娠をきっかけにホルモンバランスが変わり、そのホルモンの影響でメラニンが激増するから。

それくらいメラニンの数は乳頭の色に強く影響するので、コレを解消してピンクにするためにも、このメカニズムのことは知っておきましょう!

お肌のターンオーバーも大事!もう1つの大事なメカニズム

「一度メラニンができたらどうしたらいいの!?」という話ですけど、黒ずみが起きて見た目がちょっと・・・ってこと以外は、特に害はないんです。コレを解消して乳首をピンクにするためには、お肌のターンオーバーが大事!

ターンオーバーとは

  • お肌の新陳代謝のこと
  • 古い細胞が新しいものへと入れ替わる
  • 細胞がすべて新しく生まれ変わる周期は約1か月

このようにお肌は約1か月周期で、細胞が新しいものに入れ替わってるんです。このときにメラニンは古い細胞と一緒になくなるので、放っておいても元に戻ることもあります。

ただし、ターンオーバーは不規則な生活習慣やストレス、お肌の乾燥や加齢などで乱れます。乱れたターンオーバーではメラニンを減らしきれないので、黒ずみが起こりやすく、起きたものも治りにくくなります。

これもぜひ知っておきたいポイントですね!

原因をなくせば乳首の黒ずみもピンクにすることは可能!ピーリングも効果的?

いつのまにか黒くなったように見える乳首も、ここまでご紹介したような原因や理由があって起きてるんです!これを解消できればピンクにすることは可能なんですよ。

そのためのケアにオススメされたりするのが「ピーリング」なんですが、普段あまり聞かない言葉ですよね。

ピーリングとは

  • 不要な角質をはがすこと
  • お肌のごわつきを改善できる
  • ターンオーバーを促す効果も
  • 「ひざ」「ひじ」「かかと」などでよく行われる

ひざやヒジ、かかとの皮が分厚くなった・・・みたいな経験、若い子はまだないかもしれないけど、それで困っているオジサンやオバサンなら見たことないですか?

そういうときに使われるのが「ピーリング」。分厚くなった余計な皮(角質)をはがして、お肌を柔らかくしたり、スベスベにしたり。

黒ずみが起きている場所に使うと、メラニンが溜まっている角質をはがして減らしたり、それでターンオーバーを促してメラニンを減りやすくしてくれます。

これら効果が美白にいいとされているんですね。乳首をピンクにする方法だとも言われたりします。ちなみにこのピーリング効果がある化粧品や塗り薬のことを「ピーリング剤」や「スクラブ」と呼ぶんですよ。

乳首の黒ずみに使うにはどんなピーリング剤が向いている?

「でも不要な角質をはがすって、乳首に使って大丈夫なの?」という不安もありますよね。

かかとなら軽石でこするといったピーリング方法もありますけど、乳首をピンクにするために同じ方法はムリそうですよね。向いているのは、次のようなピーリング剤の使用です。

  • 荒い粒々が入っていない
  • 塗って洗い流すだけで効果がある

いかにもお肌が削れそうな荒い粒々などは入っておらず、そのピーリング剤の成分の効果で不要な角質をはがせて、あとは洗い流すだけでいいものが向いていますね。

乳首の黒ずみを解消してピンクにするためにピーリングを使うなら、このような刺激が少なくてデリケートな場所にも使いやすいものを選んでください!

週1程度でOK!?試す前に必ず知りたいピーリングの方法

ここまでの話を知ると「ピーリングなら乳首をピンクにすることができる!?」と思えるかもしれませんが、実際に試す前に必ず知っておきたいことがあります。それはピーリングのやり方。

  • 頻度は週に1回程度でもOK
  • 多くても週に2回程度が標準
  • 毎日連続してやらないように注意
  • お肌の状態をチェックしながら実施
  • ピーリング後は保湿ケアがオススメ

特に大事なのは頻度で、ケアクリームのように毎日何度も乳首の黒ずみに塗るのはNG。ピーリングはお肌の表面をはがすことになるので、やりすぎると肌荒れしやすいんです。

頻度は週に1回程度でもOKで、多くても週に2回ほど。もちろん2日連続でやるとかもなるべく避けてください。1度もピーリングをやってない週も、お肌がちょっと荒れてるときは避けた方がいいかも。

ピーリングを試した後は、必ずアフターケアとして保湿をしてください。いくら黒ずみが起きてるとはいえ、乳首のように繊細な場所に試すときは、細心の注意をしながら試すのが大事!

上手くピーリングの効果がでれば、これで乳首の黒ずみを薄めてピンクにすることも可能です!

乳首の黒ずみに使えそうなピーリング剤やスクラブってどんなもの?

Oh!Baby
Oh!Baby
効果・効能 角質の除去
値段 2,000円(570g/税抜)
成分 PEG-6、PEG-32
硫酸Na、炭酸水素Na
炭酸Na、温泉水、シルク

スクラブを探してみたとき、すぐに見つかったのがこちら。お値段もお手頃な上に内容量も多いと人気の商品みたいです。

体を濡らした後に使う商品ですからバスタイムに使うといいかも。ひじやひざ、かかとなど、全身に広く使えるスクラブですから、乳首をピンクにするためにも使えそうです。

シュガーシュガー
シュガーシュガー
効果・効能 角質の除去
値段 2,500円(1,9g/税抜)
成分 ポリイソブテン、オクチルドデカノール
(ビニルピロリドン/ヘキサデセン)コポリマー
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3など

商品名にもなっている通り、これは砂糖を使ったシュガースクラブ。塩と違ってお肌をなるべく傷つけずに角質を除去できるのが特徴です。

だから唇や乳首など、とてもデリケートな場所にも使えます。スティックタイプでケアしたい場所に塗るだけ。ふき取る必要もないというお手軽なスクラブです。

薬用 美媚デリケートゾーンクリアジェル
薬用 美媚デリケートゾーンクリアジェル
効果・効能 皮膚の洗浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭及びにきびを防ぐ
値段 2,160円(100g/税込)
有効成分 トリクロサン
その他の成分 精製水、濃グリセリン
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、ヒメフウロエキスなど

これは有効成分を含む医薬部外品。特定の効果の裏付けのある商品で、普通の化粧品と医薬品の中間にあるような商品ですね。もちろんピーリング剤として使えて、ジェルが不要な角質を巻き込んではがしてくれます。

ピンクヴァージンエンジェル ナチュラルピーリング
ピンクヴァージンエンジェル ナチュラルピーリング
効果・効能 日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ
日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をなめらかにする。
値段 2,980円(80g/税込)
有効成分 水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
その他の成分 アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
濃グリセリン、米デンプン
混合植物抽出液34、シルバーバイン果実エキス
カモミラエキス 1、酵母多糖体末、アーティチョークエキスなど

これも医薬部外品になり、少し効果の高い化粧品になりますね。乳首の黒ずみを解消してピンクにするという「ピンクヴァージンエンジェル」というクリームがありますが、そのシリーズ商品でこちらはピーリング効果があります。

シリーズ商品でクリームと名前が少し似てるので、間違えないように注意してくださいね。ピーリング商品が欲しいときは、必ず「ナチュラルピーリング」の方を買ってください。

乳首の黒ずみを解消してピンクにする方法になる?商品を実際に使ってみた

Oh!Baby

1回当たりの量は「ひじ」とか「ひざ」でマスカット大1個分とのことでしたが、私は黒ずみ解消のために乳首へと使えればよかったので、気持ち少なめに使ってみました。

スクラブって言われるとやっぱり粒々のイメージが強いんですけど、これはすごく滑らかで、何も知らないと普通のクリームかと思うような感触です。バストトップに塗っても痛みとか違和感とかなかったのはよかったかな。

塗ってしばらくすると、ちゃんと垢のようなものがポロポロと出てきたのはビックリ!「うわぁすごい」って感想です(笑)

シュガーシュガー

多くのスクラブと違って、ケアした後に洗い流さなくてもいいという珍しいスクラブ。乳首に塗るだけでいいのは楽でしたね。

お肌に優しいというシュガースクラブの評判通り、塗ってみて特に刺激はありませんでした。塗ってみると乳首に少しツヤが出たような気がしました。スティックタイプなのもあって、まるでリップのような使い心地です。

薬用 美媚デリケートゾーンクリアジェル

軽く体が塗れている状態で使うジェルですから、やっぱり利用はお風呂のとき。テクスチャはゲル状で、荒い粒々などは特に感じないのはよかったです。

伸びもよくて、軽くマッサージするように塗り込むときも、スベスベして気持ちいい感じでした。乳首にも特に使いづらいことはなかったです。

そして使ってみると、ちゃんと垢みたいのがポロポロと出てきて、ちゃんと剥がれてるなって感じました。

ピンクヴァージンエンジェル ナチュラルピーリング

これは乳首の黒ずみを薄めてピンクにするクリームのシリーズ商品!「これは効果があるかも!?」と、けっこう期待しながら使ってみました。

テクスチャはやっぱりジェルで、塗ってみてざらつきとかは感じませんでした。バストトップにも使いやすいと思います。

塗ってしばらくすると垢みたいなのがポロポロと。痛みとかは全然ありません。コレをぬるま湯で洗い流したら終了で、特に使いにくさはありませんでした。

これら商品で私の乳首の黒ずみをピンクにすることは・・・

いくつか見つけたピーリング剤やスクラブを試してみて、確かに不要な角質がはがれてるのはわかりましたけど、コレを試したのはお肌の黒ずみを解消するため!その肝心のところですが、実は全然効果ありませんでした・・・。

確かにバストトップからは皮みたいなのがはがれてて、「これは乳首の色も薄まるかも!?」と思ったんですけどね。それで定期的にピーリングを続けてみましたが、黒ずみが薄まってるような実感は全くなし。

慎重に試したのもあって肌荒れしなかったのはよかったけど、乳首の色が変わらないなら意味ないなぁ・・・と思って、一通りの商品を試したところでピーリングは終了。

この結果も含めて、正直私は黒くなったバストトップのケアにピーリングとかスクラブを使うのは、あまりオススメじゃないかもと思いました。

乳首をピンクにする方法に、なぜピーリングやスクラブはおすすめじゃない?4個の理由

1、どんな人がやっても肌荒れしやすい

乳首の黒ずみをピンクにする方法としてオススメされたりもするピーリングですが、先にもご紹介したように、お肌の表面を薄く削るような方法になります。

何かクリームやローションを塗るときと違って、ピーリングは刺激が強く、特に敏感肌でない人でも肌荒れすることもあります。

2、乳首へのピーリングは特にトラブルが起きやすい

試してみるのが「かかと」のように元から皮が厚い場所ならまだいいんですけど、今試したいのは乳首ですよね。黒ずみが起きていても、皮が分厚くなってるとは限りません。

バストトップは女性の体の中でも特にデリケートな場所の1つ。そこにピーリングすると、肌荒れや赤み、かゆみなどのトラブルが起きやすいんです。

場合によるとこのピーリング自体が乳首への強い刺激となり、かえってメラニンを増やしたり、ターンオーバーを乱したりして、黒ずみを悪化させる恐れもあるんです。

3、適度なピーリングは個人だと難しい

ピーリングは週に1回ほどで十分な方法で、やりすぎは厳禁とご紹介しましたよね。でもこれはあくまで目安で、実際にはお肌の状態を見ながら適度に・・・というのが理想。

ケアをするタイミングや頻度を間違えると、乳首の黒ずみを薄めてピンクにするどころか、かえって黒ずみが悪化する恐れもあるわけですからね。慎重に行きたいところですが、個人ではなかなか適度なタイミングは判断しづらいですよね。

本当なら病院で指導を受けながら試したい方法で、個人でやるのは意外と難しいケアなんです。

4、病院で指導を受けると手間やお金がかかる

それなら病院でピーリングの指導を受けて、という方法もありますが、これは診察を受ける手間がかかりますよね。

さらに診察代もかかることになります。肌荒れした後の治療ならともかく、乳首の黒ずみを解消してピンクにするための診察は「美容治療」という扱いになり、健康保険が使えなくて治療費も高くなりがちです。

あえてピーリングやスクラブでのケアにこだわると、安全にケアを進めるためにお金や手間がかかるようになるんですね。

このような理由で、ピーリングやスクラブはあまりオススメじゃないんです。

乳首の黒ずみを無くしたい、薄くしたい場合はどうすればいい?

乳首をピンクにする方法としてピーリングやスクラブがあまりオススメじゃないなら、では何がいいんでしょうか?

大事なのはお肌の内側から黒ずみの原因をなくしていくこと!そのためには専用の黒ずみ解消クリームがオススメです!!

専用のクリームとは?

  • 黒ずんだお肌を白くするためのクリーム
  • 美白成分、保湿成分など必要なものを配合
  • 毎日塗るだけの簡単な美白ケアが可能
  • 低刺激でバストトップなどにも安心

メラニンが溜まったり、ターンオーバーが乱れたりして黒くなったお肌をケアし、元の白いお肌へと近づけるクリームって、普通に売られているんですよ。

これならハンドクリームのように普通に塗ればいいだけですから、使い方も簡単。乳首に塗って刺激になることも、ほとんどありません。

これらクリームには「デリケートゾーン用」や「乳首用」など、塗る場所も専用のものがありますから、普通のスキンケアクリームよりも安心して塗れることも多いですしね!

手軽なのに効果的ですから、バストトップの黒ずみをピンクにする方法として、ピーリングやスクラブよりもオススメです!

専用の黒ずみ解消クリームに含まれる美白成分とは?

これら黒ずみ解消クリームに含まれている成分で、保湿成分とかは普段使ってる化粧品とかにもよく入ってますよね。でも美白成分はあまり聞いたことがないと思います。

これはお肌の色を薄めるのに役立つ成分のこと。これを使うのが、乳首をピンクにする方法の基本!病院で治療を受けるとき、これら美白成分が塗り薬として処方されることも多いんですよ。

有名な美白成分の例やその効果・特徴について、簡単にご紹介しますね。

効果は使われる美白成分によっても違うんですが、「メラニンを抑える」という効果はほとんどの成分にあります。コレを使うとメラニンができにくくなり、乳首の黒ずみも起きにくく、ピンクにするためにも効果的なんです!

普通のケアクリームにはあまり入っていないこれら成分が、黒ずみ解消クリームには入っています。この成分の効果でお肌の内側からしっかり美白できますよ。

乳首をピンクにするならこれも大事!あわせて知りたいケアのコツ

専用の黒ずみ解消クリームを乳頭へ塗るだけでも十分なケアになるんですが、効果が出るまでに早くても1か月と、一度黒ずみが起きたお肌を白くするには時間がかかりがち・・・。

コレを少しでも短縮し、乳首をなるべく早くピンクにするため、合わせて知りたいケアのコツがあります!

一緒にやりたいケア

  • 合っていないブラは買い替える
  • お風呂で強く洗わない
  • 乳頭へのその他の摩擦や刺激を避ける
  • 規則正しい生活
  • 美容にいいビタミン類をしっかり取る
  • 整った食事
  • ストレスを溜めない
  • 紫外線を直接浴びるのは極力避ける

思い出してもらいたいんですが、乳首の黒ずみが起きる原因って日常生活の中にたくさんありましたよね。それをなるべく避けるのがこのコツです。

実際にこれらを完璧に守るのはムリですけど、できる範囲でやってみてください。合っていないブラを買い替えるだけでも効果的です。

普段の生活の中にある黒ずみの原因を減らすのも、乳首をピンクにする方法としてとても大事ですからね。コレを合わせてやると、専用クリームの効果もアップして、乳頭の色も戻りやすくなりますよ!

乳首をピンクにする方法としてあまりオススメじゃない他の方法とは

黒ずみ解消クリーム以外の方法もあるんですけど、そちらは専用クリームほどオススメじゃないんです。その他の方法と、あまりオススメじゃないワケを最後にご紹介しておきますね。

成分 効果 特徴
トラネキサム酸 メラニン生成を抑える 美白ケアに使われる定番成分
ビタミンC誘導体 メラニン生成を抑える
メラニンの色を薄める
トラネキサム酸と同じく定番の美白成分
ハイドロキノン メラニン生成を抑える

メラニンの色を薄める

メラニンを作る細胞を減らす
別名「お肌の漂白剤」

美白成分の中でも効果が強力

病院での美白治療でもよく使われる
ルミキシルペプチド メラニン生成を抑える
メラニン生成を抑える効果が特に高い
ハイドロキノンの17倍の効果がある
その他の方法 あまりオススメじゃない理由
病院での治療 来院する手間がかかる
健康保険が使えないため治療費が高い
美白石鹸の利用 クリームよりも効果が出るまでに時間がかかる
食品によるセルフケア 効果があまり期待できない

乳首の黒ずみは美容整形や美容皮膚科に行けば治療してもらえます。美白成分の塗り薬やピーリング剤を処方してもらえたり、外科に行けばレーザー治療なども受けられたり、いろいろな治療があるんです。

でも病院を探す手間がある上、そこに通院する手間があるのが欠点。美容治療になるので健康保険が使えず、治療費が全額自己負担になるといった点も気を付けたいですね。

家でできるセルフケアではクリームと似た商品に「石鹸」がありますが、クリームと違って成分を洗い流すので美白効果が弱く、ピンクにするまでにすごく時間がかかりがち。

「ヨーグルト」や「パパイヤ」など食品を使ったセルフケアも黒ずみ解消効果があるとよく言われますが、こちらは薬でも化粧品でもないものですから、乳首に塗って美白効果があるかは、ちょっと疑問なんですね。

乳首の黒ずみを薄くしてピンクにする方法の中では、専用の美白クリームが一番簡単で効果的ですから、ピーリングやスクラブよりはコレを使うのがオススメです!