nissuu-top

エステに行くと乳首の黒ずみケアはできるのでしょうか。一体どのようなケアをしてもらえるのかなど、気になっている人も多いと思います。

そこで美容機関で行う、乳首の黒ずみケアについて紹介します。美容クリニックや皮膚科よりは効果は低めですが、取り扱いのメニューは似ています。

金額や日数も詳しく掲載しているので、参考にしてくださいね。

乳首の黒ずみはエステの施術で解消するのか?

エステで乳首の黒ずみ解消はでき、フェイシャルや痩身のイメージが強いと思います。サロンによっては、黒ずみケアも行ってくれるところがあります。

エステの行う内容に近い病院や、内装もオシャレな美容系の強いクリニックもあり、そこではレーザーや、塗り薬などを処方してもらうこともできます。

通常のエステ機関では医療用の機械ではなく、美容機器を使うため、出力が弱めなのが特徴です。そして美白クリームも、医薬品がしっかり入ったものではなくコスメを使用することになります。

エステの乳首の黒ずみケア

エステでできる黒ずみケア

ケア方法 詳細
ピコニップルケア(ピコレーザー) ピコレーザーは、アートメイク(刺青)を消すためによく使われるものです。すべての黒ずみに対応できる最新技術です。

ピコ単位で照射するため、1秒間で1兆回メラニン色素の分解をします。乳首の黒ずみにあてることもでき、黒ずみのあるバストもピンク色に近づけます。サロンにもよりますが、1回で施術できるところもあります。

施術後のお手入れは、軟膏を塗るだけで済み、アフターケアも手軽です。
QスイッチYAGレーザーより、照射射時間も短く痛みも少ないところが人気の理由です。

まだ国内で導入しているところは少なく、ピコレーザーをやっているか事前に調べるようにしておきましょう。

完全に解消までの日数
1回~10回
1回の施術の時間
約5分
1回の費用
約2万円~約15万円
トータル費用
約10万円~約15万円
ケア方法 詳細
レーザートーニング 従来のレーザーは、真ん中の出力だけが強く、外側の出力は弱めだったので、照射した皮膚がマダラやムラになってしまっていました。

中心ばかり負担がかかり、炎症を引き起こし黒ずみが悪化してしまうのです。最近は「QスイッチYAGレーザー」という均一に照射できるものが開発され、痛みや炎症のリスクも減りました。

ダウンタイムが短く、施術後でもお風呂に入れるなどメリットがあります。

完全に解消までの日数
数ヶ月(数回~数十回)
1回の施術の時間
5分程度
1回の費用
1回3万円前後
トータル費用
30万
ケア方法 詳細
ハイドロキノン 高濃度なハイドロキノン(美白成分)と、トレチノイン(ビタミンA誘導体)を使います。サロンでもらったクリームを、朝晩1日2回乳首に塗るだけです。

お肌の奥深くにある、メラニン色素に働きかけ黒ずみを薄くするのにも効果的です。一度の治療だけで、長時間ピンクの乳首保てたという臨床結果もでています。

レーザーよりも安全で、高い効果も望めます。
ただし高濃度ハイドロキノンは、刺激が強いので肌が弱い方にはリスクのある方法です。

完全に解消までの日数
3ヶ月~数ヶ月
1回の施術の時間
自宅で1日2回塗るだけなので、かなり短時間
1回の費用
約7,000円
トータル費用
12万~30万

エステのながれ(カウンセリング~アフターケア)

カウンセリング

カウンセリングでは、要望、普段の生活習慣などの問診や、一人一人に合わせたプランの提案をされます。実際プランの方向性が決まったら、施術内容の説明もカウンセリングで説明があります。

施術

サロンについたら受付を済まします。名前を呼ばれたら施術着に着替え個室でスタンバイ。そしてレーザー治療の開始です。また、ハイドロキノン処方された方は、用法と用量を守り正しく使ってください。

アフターケア (レーザー)

レーザーは1クールが2~3ヶ月なので、次までの間ハイドロキノンクリームを使ってもらうこともあります。
レーザー治療の場合は、施術後着替えて再びカウンセリングがある所が一般的です。スタッフにダウンタイムの過ごし方など、わからないことがあれば聞いて不安を解消しておきましょう。

エステで乳輪のメラニン沈着を治療するメリットとデメリット

メリット

安心
専門のスタッフがやってくれるので、安心して施術をお任せできます。
ケア方法
カウンセリングも行うので、自分に乳首の状態にあった方法で解消できます。
エステティシャンによる専門的な美容の話が聞けます。
プロならではのアドバイスを受けられ、ケア方法をも教えてもらえます。
効果
レーザーはハイドロキノンクリームのような、専門的な知識を要するケア方法が受けられます。そのためプロによるお手入れは、比較的高い割合の人が美白効果を実感しやすいです。

デメリット

コスト
保険が効かないため治療費が高額になります。初回の無料体験は料金が安くても、本契約の値段は2倍以上することもあります。
通院
定期的に通う必要があります。続けて通うには、モチベーションの維持が大変です。
精神的ダメージ
スタッフに乳首を見られることになります。乳首の経過過程を見るために写真を撮られる可能性もあり、恥ずかしい思いをすることもあります。
技術
施術する人によって技術力に差が出ます。無料体験時はベテランで、2回目以降は新人だったという話も聞くので、サロンの口コミを調べておくことが大切です。
痛み
レーザーを使用するため、肌に痛みを感じることがあります。皮膚が敏感な人は軽いやけどの症状が出る場合もあり注意が必要です。

乳首の黒ずみはエステよりも美白クリームがおすすめ

乳首の黒ずみを解消して、憧れのピンク色になるには、美容サロンに通っても3ヶ月以上はかかります。

高い効果が実感できるプロの手による施術でも3ヶ月はかかるので、自宅でのケアはもっと時間がかかると覚悟しておきましょう。良い商品を使って、しっかり使用回数を守れば、自宅ケアでも効果は望めます

おすすめはホワイトラグジュアリープレミアムです。デリケートゾーン専用に開発されていて、美白成分も副作用の無い3種のビタミンです。赤ちゃんにも使えるほど低刺激処方なところも安心して使えます。

乳首に使ってみないと商品の相性はわかりません。
しかしホワイトラグジュアリープレミアムなら90日間の全額返金保障つきなので、安心して使うことができます。

ホワイトラグジュアリープレミアムのような低刺激美白クリームの良いところは、ドラッグストアの商品より高い効果が望め、サロンの施術メニューより痛みや副作用が低いことです。まさに各方法の良い所をとったコスメなのです。

いきなりサロンに行くのも良いけど、値段もリスクも高いのが気になります。個人的には美白クリームがおすすめです。まず美白クリームを使ってみてはいかがでしょうか?