乳首の黒ずみが痒くなる原因と解消方法

乳首がかゆくて掻きまくっていたら、黒くなっていたということありませんか?
もしくは、乳首が黒くなってきたなと思って、原因を考えたらよく乳輪辺りをかいていたことってないですか?

バストのかゆみと黒ずみ、2つも悩みを抱えるのは辛いですよね。

バストの悩みはあまり人にも相談できません。そこで、少しでもみなさんのお役に立てるよう、乳首のかゆみ黒ずみの関係を紹介します。

乳首がかゆいと黒ずみやすいって本当?

バストの悩みの一つに、かゆみというのもあります。バストトップがずっとかゆいといったように、慢性化している人は黒ずみやすくなります。

理由は就寝時、知らぬまに掻いている可能性があるからです。起きている時は意識的に掻かないようにすることはできるけど、寝ている間掻くことを止めるって困難です。

なかには、かさぶたになってしまう人や、リンパ液が出てしまうこともあります。強く掻きむしり、バストには強いダメージがかかります。

メラニンの発生

そもそも、皮膚は外部刺激から守るために「メラニン」を生成して、お肌を強くしています。しかしこのメラニンは、黒ずみの原因物質なのです。いくら体を守ってくれているとはいえ、美容の面で見るとあまり嬉しくありません。

乳首のかゆみケアの大切さ

バストの痒みは他の部分の肌荒れや乾燥と同じではありません。理由はバストが、デリケートな部分だからです。

ちょっとした外部刺激が、黒ずみ意外にもさまざまな肌トラブルを起こしかねません。

乳首のかゆみによるトラブル

1、乳輪の肥大

胸を掻くことで、肌刺激を与えてしまい、バストトップの面積が大きくなることもあります。かいたらすぐに肥大するわけではないですが、極力掻かないように工夫することは大切です。

2、モントゴメリー腺

乳輪のブツブツしたもので、ニキビではありません。モントゴメリー腺は体内にある乳腺なので、手術で除去します。

3、黒ずみ

刺激を加えるとメラニンがからだの中で作られ、色素沈着をしてしまうので色が乳輪の色が黒くなってしまうこともあります。

乳首のかゆみ9つの原因

それではどうすれば痒みを抑えることができるのでしょうか?考えられる原因をまとめました。

原因1 不衛生

ちゃんと毎日お風呂で体もバストトップも洗っているのに、乳首に汚れが溜まっていたということはありませんか?強く洗えない場所だけに雑菌も繁殖しやすくなるのです。とくに陥没乳首の場合は、汚れが溜まりやすくなります。

原因2 石鹸

バストトップの皮膚はとてもデリケートです。人によっては、普段使う石鹸やボディソープが負担をかけてしまうこともあります。なかには刺激の強い成分が配合されているものもあります。

原因3 摩擦

女性は誰でもブラジャーをつけるかと思いますが、このブラジャーと乳首の間で摩擦が起きることにより、乾燥してかゆくなります。

体重増加や妊娠に伴いバストのサイズが大きくなります。以前の小さいサイズのまま着用していると、乳首に摩擦がかかってしまうので、サイズは定期的にフィッティングをして合うものを選んでください。

原因4 授乳や性行為

授乳や性行為が原因で、バストトップに傷がついて痒くなることがあります。とくに乾燥が原因で、痒みが出やすくなります。

原因5 ホルモンバランス

生理中になると、お肌が敏感になるという人もいるのではないでしょうか。加齢、生活習慣、生理、妊娠などにより、女性ホルモンのバランスは変化します。すると乳首もかゆくなりやすくなります。

ちなみに男性は思春期や成長期に、乳首がかゆくなる人が多いです。

原因6 乾燥

顔や体全体はしっかりスキンケアをしているけど、バストはノータッチという人が多いです。
乾燥をそのままにしておくと、バリア機能が弱まりちょっとした摩擦でかゆくなることもあります。

原因7 カンジダ菌

カンジダ菌といえば、デリケートゾーンの病気と、とらえられがちですが体の至る所にいる菌なのです。乳首がほんのり赤みを帯びて痒みを伴います。とくに抵抗力が弱っている時や、ホルモンバランスが崩れた時に繁殖しやすいのが特徴です。

原因8 アレルギー

梅雨や夏のように汗をかきやすい時期はとくにかゆくなります。下着をとりお風呂に入る前も痒みが増すという人もいます。

原因9 パジェット病

乳管という部分にできるガンです。バストトップのただれや、痒みの症状がでたりします。一般的にパジェット病は転移しにくいものです。しかし、できるだけ早めに医師に相談することは大切です。

乳首のかゆみの8つの解消方法

それでは続いて、解消方法を見ていきましょう。多くの方法を載せているので、1つでも合うものがあると思います。まず出来そうなものから是非取り組んでみてくださいね。

解消方法1 保湿

原因の一つ「乾燥」を防ぐことで痒み対策になります。保湿が行き届いていれば、肌のターンオーバーも正常になります。かゆみによって黒ずんでしまった皮膚を剥がし、新しい皮膚を形成する効果も期待できます。

保湿クリームの選び方

バスト用の保湿クリームを選ぶ際には浸透力や刺激に着目して選びましょう。

解消方法2 浸透力

いくら保湿成分や美容成分が配合されていようとも表面状のケアだけでは意味がありません。バストトップの奥まで美容成分を届けて、改善をしていかなければならないのです。

解消方法3 刺激

あと、忘れてはいけないのがバストは刺激に弱いということです。製品によっては、刺激の強い成分が入っています。お肌へ負担のかかる成分は、かゆみをひどくさせ黒ずみも濃くなることもあります。

解消方法4 美白

かゆみがあると黒ずみも同時に起こりやすくなります。したがってバストトップの美白ができるような保湿クリームを選ぶようにしまよう。美白成分配合のコスメなら、黒ずみのもとであるメラニンの生成の抑制が望めます。

解消方法5 マッサージ

低刺激な保湿クリームなどを使い、優しくバストをマッサージします。かゆみの原因である乾燥を防ぎ、血行促進したい人にもおすすめです。

解消方法6 石鹸

石鹸(ボディソープ)は低刺激のものを選びましょう。乳首の衛生状態をよくしたい場合は、低刺激かつデオドラント効果が期待できるものがオススメです。優しくていねいに洗い泡パックをしてくださいね。

泡パックの方法

  1. 美白効果が期待できる低刺激の石鹸を用意する。
  2. 泡立てネットでしっかりとモコモコ泡を立てて、バストトップに乗せる。
  3. 3分ほどパックして、洗い流す。
解消方法7 下着

サイズや素材にも気を付けて、下着を選ぶことは大切です。綿100%の素材がおすすめです。装飾が多いものより、シンプルなブラの方がお肌には優しい傾向にあります。

解消方法8 クリニック

上記の方法を試したけどかゆみがおさまらない時は、病院(乳腺外科、婦人科、皮膚科のいずれか)に行き医師に診てもらうようにしましょう。原因が何かを明確に知ることもできます。

立地条件、医師の評判も事前にチェックしておくと良いでしょう。ちなみに、皮膚の硬化や乳輪肥大も、高額治療ですが手術で治すことになります。

乳首のかゆみや黒ずみを手軽な方法でケアするには?

痒みを起こさないために、まずは大きな原因である乾燥予防することが大切です。特にバストは敏感な部分なので、低刺激処方の保湿クリームを選ぶことは欠かせません。

そこでおすすめなのが、ホワイトラグジュアリープレミアムです。とにかく、利用者の満足度も高くリピーター続出のコスメです。モンドセレクション受賞、雑誌メディアでも紹介されています。

ホワイトラグジュアリープレミアムについて

特徴

3つの高機能ビタミンCと、7つの美白成分配合で高い美白効果も期待できます。無添加処方で原産国も日本だから安心です。

バストだけでなく、顔や全身の気になる黒ずみに使えてとても便利。バストトップの痒みの原因である乾燥予防も望め、まさに低刺激な万能クリームです。

内容量

25g(1か月分)

使用方法

お出かけ前と、お風呂上りに気になるところに塗ります。目安の量は、1回あたり4~5プッシュでOK。

最安値

公式サイトの定期購入(税込5,980円+送料無料)

お届け日数

入金確認後、5営業日以内に発送

全額返金保証制度

90日間

最低継続回数

3回

ホワイトラグジュアリープレミアムのように、低刺激だけど美白も保湿も望めるクリームを使うようにしましょう。1本でバストの悩みをまとめて解決してくれることは、忙しい人にとってもかなり時短になります。

今までは面倒くさくて、おざなりにしていたバストの痒みを、次こそケアするチャンスです。しかも美白クリームを使えば、バストトップの色までもきれいに出来ますよ。