しかもハイドロキノンは、割と簡単に入手もできるとのことで、乳首黒ずみに悩んでいた私には「見逃せないぞ!」という情報でした!

詳しく調べてみると、確かに乳首黒ずみに悩んでる人は必見かも!でも、注意点もかなりありました。ハイドロキノンの効果などについて、詳しくここでお話しさせてもらいます!

ハイドロキノンとは何?本当に乳首黒ずみは治せる?

乳首の黒ずみはハイドロキノンで治せるのか?

ハイドロキノンとは、「お肌の漂白剤」とも呼ばれるもので、シミやソバカス、そして乳首などの「黒ずみ」にはかなり効果的と注目されている成分です!

昔は写真の現像などに使われていた成分だったんだけど、ハイドロキノンを使ってた人の肌が白くなったことで、この効果が発見されたんだって!

今では、シミや黒ずみを治すための美容商品として市販もされてますので、乳首などの黒ずみを治すため、個人でも使えます。

ただ、乳首などの黒ずみを治したいときは、トレチノインとセットで使われることが多いですね。また、副作用とかも強いので、効果とか使い方とかは要確認!

乳首黒ずみが治るのはどうして?ハイドロキノンの効果とは

乳首の黒ずみへのハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの主な効果は、次のものです!

・メラニンを作られにくくする
・今あるメラニンの色を薄める

どうして乳首黒ずみが起きたりするのか、その理由は「メラニン」があるから。体内で作られるこの黒い色素がたくさん溜まると、お肌が黒ずみます。

このメラニンを作られにくくするのが、「ハイドロキノン」の効果!だんだんメラニンが減るので、だんだん乳首などの色も戻ってくるんですよ。

今あるメラニンの色を薄める効果もあるので、そちらの効果でも乳首の黒ずみが薄まりやすくなります!

これら効果は、かなり強力!

・市販化粧品に含まれる成分より強力な効果
・10~100倍近い効果になることも!

「メラニンを作られにくくする」的な成分は、ハイドロキノン以外にもあって、市販のケア化粧品に含まれてたりします。

そういう、気軽に使える化粧品に入っている成分より、ハイドロキノンはかなり強力!場合によると100倍近い効果になることもあります!

この効果の高さが、乳首黒ずみに悩む女性から注目される理由ですね!

「トレチノイン」があると効果はさらにアップ!?

ハイドロキノンは、「トレチノイン」という塗り薬とセットで使うことも多いです。そのワケは・・・?

・ハイドロキノンの浸透を助けるから
・黒ずみ改善の効果がより強まるから

ハイドロキノンは単体で使ってもいいとされる成分ですけど、トレチノインを塗った方が、ハイドロキノンがより浸透しやすくなるんです。

その上、「新陳代謝を強烈に促す」っていうトレチノインの効果は、お肌に溜まったメラニンを強制的に押し出すもので、乳首などの黒ずみを治すのに役立ちます。

トレチノインとハイドロキノン、2つの効果を併せると、まさに鬼に金棒!より強力に乳首の黒ずみを治せるので、セットで使われることが正直多いですね。

ハイドロキノンだけでも乳首の黒ずみを治す効果はありますけど、コレに興味があるときは、トレチノインのことも知っとくといいかもと思います!

乳首黒ずみを治したいなら確認!ハイドロキノン等の塗り方

乳首の黒ずみへのハイドロキノンの塗り方

ハイドロキノンはトレチノインとセットで使われることが多いので、まずは両方を合わせて使う方法からご紹介します!

ハイドロキノンもトレチノインも、どっちも効果が強力なので、副作用をなるべく抑えるために、別の化粧品を塗ったりしてから、「トレチノイン→ハイドロキノン」の順で塗ります!

よくある使われる流れは、次の物!

・ビタミンC誘導体ローションを塗る
・ワセリンを塗る
・トレチノインを塗る
・ハイドロキノンを塗る

いきなりトレチノインとかハイドロキノンとかを塗ると、副作用で乳首から血が出ることもあるので、こういう使い方は必ずチェックしてくださいね!

下地の意味や塗り方

それぞれ、下地に塗るものには意味があります。

下地 意味
ビタミンC誘導体ローション 副作用を和らげる
ワセリン 他のお肌を保護する

ビタミンC誘導体ローションの方は、トレチノインとかハイドロキノンとかの副作用を和らげるために塗ります。だから、塗るときは乳房全体に塗ってください。

ワセリンの方はそういう役目じゃなく、黒ずみとかが起きてない部分に、トレチノインとかがつかないように、範囲を区切るために塗ります。

だから、ワセリンは乳輪に沿って、バストトップ部分を囲うように塗ってください!これで、トレチノインやハイドロキノンが乳首以外の場所について、関係ないところにまで効果や副作用が出るのを防いでくれます!

下地を塗ったら、いよいよトレチノイン・ハイドロキノンを塗ります!

トレチノイン・ハイドロキノンの塗り方

どっちも効果が強力ですから、塗る範囲は要チェック!

塗るもの 塗る範囲
トレチノイン 乳輪の範囲より少し狭く
ハイドロキノン 乳輪の範囲

トレチノインは塗った範囲より少し広めに効果が出るので、乳輪の範囲を塗りつぶすように塗ると、黒ずみ以外の場所にも効果が出て、ちょっとよくないんです・・・。

トレチノインは乳輪より2~3ミリ内側までで塗るのを止めるのがコツです。ハイドロキノンは、乳輪の範囲ちょうどに塗ってもらって大丈夫です!

まずはこれら塗る範囲を確認してくださいね。そして、実際に塗るときのコツはこちら!

・どちらも薄く塗る
・トレチノインは綿棒を使うのがオススメ

どっちもたくさん塗り過ぎると、効果が強すぎて逆効果になるから、とにかく「薄く塗る!」っていうのを意識してください!

トレチノインを塗るときは、綿棒を使うのがオススメ。これにトレチノインを付け、乳首にちょっとずつ塗ってみてくださいね。

ハイドロキノンは指で塗ってもOKですけど、先に塗ったトレチノインが取れないように、乳首を軽く叩くような感じで塗るといいです!

全部塗ったら、軽く乾かしてから下着をつければOK!これを1日2回、朝晩にやると効果的です。

ハイドロキノンだけでケアするときは?

トレチノインとハイドロキノンを両方使う方法を先にご紹介しましたけど、ハイドロキノンだけでケアするときも、似たようなものです。

・下地を塗る
・ハイドロキノンを塗る

ハイドロキノン単体でも副作用は大きいので、いきなりハイドロキノンを塗るよりは、下地になるような化粧品を塗ってから、ハイドロキノンを塗るのがオススメ!

塗り方などはさっきの内容を参考にしてくださいね!主な使用方法として、このケアを続ける期間の確認も大事です!

ハイドロキノン等で乳首黒ずみケアをする期間には決まりがある!?

ハイドロキノンで乳首ケアをする期間

トレチノインと一緒に使うときでも、ハイドロキノンだけでケアするときでも、長期間の連続使用はNG・・・。

・副作用が強まる
・乳首の色が抜けて戻らなくなることも

体に耐性がつくっていうのもあるけど、それよりも効果や副作用が強まり過ぎて、乳首に悪影響が出るのを避けるために、長期の利用はオススメできないんです。

使用期間の目安はこちら!

・3か月で1クール
・1クールを過ぎたらケアをお休み
・まだケアが必要なら1~2か月後に再開
・1クール以内に乳首の色が薄まったらケアを終了

1回のケア期間は、だいたい3か月。これ以上にわたって、ハイドロキノンを使い続けるのは、あまりオススメできないみたい・・・。

また、かなり効果が強力だから、1クール以内に乳首の黒ずみが薄まることもよくあります。「これだけ薄まったら十分!」と思ったら、その時点でケアを終了してください。

トレチノインとあわせて使うときのポイント

トレチノインとハイドロキノンを両方使うときは、1クールの中でそれぞれ使用期間の目安があります。

期間 使うもの
1クール前半(4〜8週) トレチノイン・ハイドロキノン
1クール後半(4〜6週) ハイドロキノンのみ

トレチノインとハイドロキノンの両方を使うのは、1クールの前半だけ。後半は、ハイドロキノンだけになります。

前半で乳首のメラニンを一気に押し出して、後半はちょっと休ませながら乳首の色を安定させるようなイメージです!

トレチノインの効果が十分出たら、後半に移るといいんですけど、副作用の出方などを見ての判断になるので、これは病院で判断してもらうのがオススメ!

こんな感じで、ハイドロキノンなどには使用期間に限度があることを確認の上で、ハイドロキノンを買ってくださいね!

乳首黒ずみケアにハイドロキノンが欲しい!どこに売ってるの?

乳首の黒ずみ解消の為にハイドロキノンを買う

「ハイドロキノンが欲しい!」って思ったら、まずは病院に行くのがオススメ!

・副作用、使用方法などを教えてもらえる
・処方されたものならハイドロキノンの品質も安心

ハイドロキノンは病院で処方もしてもらえます。効果が強力な塗り薬になりますから、診察も合わせて必要!このときにハイドロキノンの副作用や、使用方法の説明を受けられますので、しっかり確認の上で処方してもらうと安心です!

また、病院でその都度処方してもらうなら、ハイドロキノンの品質も安心!ハイドロキノンは品質が劣化しやすく、使用期間や保存方法などが大事です。

・使用期限を過ぎたものは使用しない
・保存は冷蔵保存が基本
・開封後は1~2か月で使い切る

使用期限や、製造されてからの保管方法なども大事なので、病院で処方されたものなら安心です。

値段は、診察料とハイドロキノンの値段を併せたものになります。

診察料 1,000〜2,000円程度
ハイドロキノン代 2,000円程度

診察料やハイドロキノンの料金は、病院やハイドロキノンの濃度などによっても変わりますので、あくまで目安ですね。まずはこういう「病院」っていう方法がオススメ!

ちなみに、「トレチノイン」の方は日本国内では市販されていないので、欲しければ病院に行くしかありません・・・。トレチノインと一緒にハイドロキノンが欲しい人は、病院で一緒に処方してもらってください!

ハイドロキノンは個人的に入手もできる?

「病院に行くの面倒くさい・・・」って思うときもありますよね。それでもハイドロキノンなら簡単に入手できます!

・ハイドロキノンは市販品がある
・アマゾンなどで購入できる
・それを買って使用できる
・使用方法などは必ず確認を!

トレチノインは病院でしか手に入りませんけど、ハイドロキノンは違います!市販品があるので、それを買えば個人でも簡単にハイドロキノンで乳首黒ずみをケアできます!

たとえば、次のような商品が売ってますね。

商品名 ハイドロキノンクリーム
ハイドロキノン濃度 2%
価格 1,296円

コレ見つけた時、「アマゾンで売ってる!」って思いました(笑)

病院に行くより手間がないし、診察料とかを省けるので、お値段もお手頃。トレチノインはいらなくて、ハイドロキノンだけでケアしたい人は、こういう方法もアリかも。

でも、これだと使用方法とか副作用とかを知らずに使っちゃったりもするから、そういう意味では「ちょっと危ないかも?」とは思いました。

この方法でケアしてみる人は、これまでのお話したこととか、ハイドロキノンとかの使用注意点とかをよく確認の上で使ってくださいね!

絶対確認して!ハイドロキノンでの乳首黒ずみケアの注意点

乳首の黒ずみにハイドロキノンを使う際の注意点

ハイドロキノンの副作用は?

・赤くなる
・腫れる
・かゆくなる

塗った後「えっ、これは・・・」と思うようなことがあれば、それは副作用ですね。最悪、血が出ることもあるトレチノインに比べると、副作用はやや穏やかな感じはします。

でも、ハイドロキノンでも使い方や体質との相性によっては、副作用の方がひどいこともあるので、これは十分注意の上で使用してください。

体質との相性なども、必ずチェックが必要です!

ハイドロキノンの利用前にはパッチテストを強くオススメ!

・絆創膏にハイドロキノンを軽く塗る
・目立たない場所にはる(二の腕など)
・24時間放置
・貼った場所に赤みなどが出なければOK

こういうパッチテストをやった上で、ハイドロキノンを試すのがよくオススメされます。特に、ハイドロキノンは市販品もありますから、こういうテストを自分でやるのはとても大事!

これでテストしたら赤みが出るなど、何か問題があったら利用をやめるか、市販品で試した場合は病院に行って一度相談するのがオススメです!

ハイドロキノンでのケア中は紫外線・日焼け対策が必須!

ハイドロキノンのちょっとした注意点で、コレを使ってるときは日焼けや紫外線を避けないといけません。

・紫外線を浴びるとハイドロキノンが逆効果に!?
・かえってシミや黒ずみが悪化することも

ハイドロキノンを塗ったときに紫外線を浴びると、ハイドロキノンの効果が変わって、むしろシミなどを濃くしちゃうんです!美白効果が大事なら、ハイドロキノンを塗った後、絶対に紫外線対策をしてください!

乳首だからと油断は大敵!

・服の上からでも紫外線の影響はある
・直射日光を直接浴びるのは避ける
・サングラスの着用もオススメ

日差しの強い日はなるべく外出を避けましょう。どうしても出るときは、日傘やサングラスの利用が基本です!

妊娠・授乳中の利用はほぼ無理?

ハイドロキノン、そしてトレチノインともに効果が強力ですので、妊娠・授乳中の女性の利用はかなり難しいみたい。

妊娠するとホルモンバランスの関係で、乳首の黒ずみがとても起きやすいんです!だからハイドロキノンに興味を持つ人も多いと思うんだけど、妊娠とか授乳中とかの時期には、これはあまり使えないってことを必ず覚えておいてください!

また、妊娠の恐れがある人も、もちろん利用はオススメされないので、必ず妊娠しているかを確認の上で、利用を考えてください。どうしても使いたければ、1度病院で相談してみるのがオススメ!

まとめ

ハイドロキノンの効果などを調べてみて、黒ずみへの効果が強いのはいいんだけど、「すごく神経を使う方法だな・・・」って、正直思いました(笑)。

実際、私はトレチノインと合わせてハイドロキノンを使ってみましたが、やっぱり乳首が赤くなって、痒みもありました。

乳首黒ずみへの効果が高いからこその症状だとはわかっていても「もう耐えられない!」という気持ちの方が強く、すぐに断念・・・。

誰でも気軽に試せるケアの方法とは限らないので、ハイドロキノンに興味がある人も、この方法はちょっと慎重に試してみた方がいいです!

効果とか注意点とか、忘れずに確認した上で、試してみてくださいね!