乳首の黒ずみが発生する理由

「乳首はどこでどうして、黒くなっているの?」気づけば色が濃くなっているバストトップを見て、疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

黒ずみの原因は皮膚のどこで発生し、どのような仕組みでできるのかをまとめました。一般的な解消法から、ひどい黒ずみの対処法についても取り上げています。

根本原因を知れば、バストケアを効率的にするチャンスにつながります。

乳首の黒ずみはどこになぜできるのか?

根本的な原因

黒ずみの根本的な仕組みは、メラニンという色素が関係」しています。

バストトップの黒さと経験人数は比例しません。関係があるのは、メラニン色素が肌に溜まりやすいか、溜りにくいかの違いです。

ちなみにメラニンは、肌の防御反応で肌が外部刺激を受けると発生します。表皮の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を作ります。そして表皮のさらに下の真皮を守っています。

摩擦や紫外線の影響を、真皮に与えないようにメラニンでバリアをしているので、とても重要な役割をしているのですが、

しかし美容の観点からいくと、バストが黒くなってしまうことは嬉しくありません。

乳首の黒ずみの原因メラニンができる原因

生まれつき

生まれつき肌の色には個人差があります。その理由は、メラニン色素の生成されやすさが人によって違うからです。

肌の色が濃い人は、皮膚に多くのメラニンが存在しているので、黄色、赤褐色、黒色など多様な肌色になります。
肌の色が薄い人は、皮膚にほぼメラニンがありません。そのため皮膚が薄く毛細血管が透けてピンク~赤色っぽい肌色なのです。

乳首の黒ずみも、先天的なもので濃かったり薄かったりするのです。もともと乳首が黒くならないなんて羨ましいと思う方もいると思います。
私も地黒で色素が濃い方だったけど、努力次第でケアできるので安心してくださいね。後半で私が見つけた、とっておきのケア方法を紹介します。

人種

世界の人種を大きく、ネグロイド、モンゴロイド、コーカソイドに分類し、メラニンの量や乳首の色などをまとめました。

人種別に見るメラニンや黒ずみの違い

人種 メラニンの量 乳首の色
ネグロイド(黒人) 少ない 黒色
モンゴロイド(黄色人種) 中間 茶色~ベージュ
コーカソイド(白人) 多い ピンク色

下着

バストトップはどうしてもブラジャーと摩擦が起こりやすいです。摩擦はメラニン色素を生成し、黒ずみの原因になります。

メラニン色素は摩擦のような外部刺激から、肌を守るための大切な役割をもっています。しかし過剰分泌されると、黒ずみやシミ・そばかすのように美容の大敵になってしまうのです。

メラニンが作られた分、皮膚は丈夫になるので、摩擦には強くなります。しかしバストトップが黒くなるのは避けたいものです。

解消法

体型が変わるごとに、お店でサイズを測ってもらい、ちょうど良いサイズのブラを購入しましょう。素材は蒸れにくいコットン100%がおすすめです。デザインや値段だけで選ぶよりも、サイズと素材を優先させてみてください。

あとノーブラは、服と直接乳首が擦れるのでNGです。

紫外線

目で日焼けをするって知っていましたか?そのためバストトップも日焼けをしてしまうんです。下着も服も身に着けているのに、日焼けをするなんて信じられないと思うかもしれません。

紫外線が目に当たると、「紫外線を浴びた」と脳に情報が行きます。すると、脳は外部刺激の紫外線を浴びたと察知して、「メラニンで守って」と指令を出すんです。しかも、バストにはメラニンが集合しやすいから、とりわけ黒くなります。

サングラス、日焼け止め、日傘など、UVケアを徹底するようにしてくださいね。顔の美白ケアもできるので、一石二鳥です!

女性ホルモン

10代の生理が始まるころに、バストが黒ずんでくる人もいます。他にも妊娠から授乳が終わるまでは、ホルモンバランスが変動して乳首が黒くなりやすいです。 女性ホルモンの働きの低下でも、バストトップが黒ずんだり、ハリがなくなったりします。

女性ホルモンと黒ずみの詳しい仕組み

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。とくにプロゲステロンには、メラニン色素を作りやすくする働きがあります。

生理周期に応じてプロゲステロンが増える時期は、乳首の色が一時的に濃くなることもあるのです。妊娠時の黒くなる理由の一つでもあります。

ホルモンバランス

ホルモンバランスは様々なことが原因で崩れます。

ホルモンバランスが崩れる原因

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス

なかでも、ストレスには要注意です。 ストレスがあると、睡眠不足食生活も乱れやすくなるからです。

ストレスを受けると、乳首が黒くなるだけでなく、老け込んだ印象になってしまうこともあります。自律神経が乱れ、便秘なども起こしかねません。適度に休息をとり、リラックスさせてあげることが大切です。

妊娠や授乳

妊娠すると赤ちゃんの授乳に備え、お母さんの乳首がどんどん黒くなっていきます。友達も「妊娠したら乳首が黒くなった」って言っていました。

その理由は2つの説があります。1つは赤ちゃんの母乳を飲む吸引力に負けないよう、お肌を守るために事前にメラニンが集まるからです。

もう1つは赤ちゃんがおっぱいの位置を見つけやすいようにするためです。いずれにせよ、母体になるための準備であることに違いはありません。

妊娠で起こる黒ずみは、授乳が終わるとまた薄らいでくると言われています。個人差があるため、授乳後2~3ヶ月経っても黒い場合は、ひどくなる前にすぐ美白ケアを始めるようにしましょう。

加齢

加齢に伴い肌の新陳代謝は悪くなり、なかなか老廃物が排泄されにくくなります。皮膚の場合だと、ターンオーバーの周期が遅れがちになります。

本来は自然と剥がれ落ちていた古い角質などが、なかなか排泄されず、溜って黒ずみになってしまうのです。

年代別ターンオーバー周期のちがい

年代 周期
10歳~20歳 20日
20歳~30歳 28日
30歳~40歳 40日
40歳~50歳 55日
50歳~60歳 75日
60歳~ 100日

この表を見ると1ヶ月以内で皮膚が新しくなるのは、10代の頃だけです。そして20~40代だと1ヶ月以上はかかります。つまりバストトップのケアを始める時は、1ヶ月は続けた方が良いということになります。

もし10代でバストトップが黒いという場合は、加齢ではない原因があると考えても良いでしょう。

乳首のひどい黒ずみをケアする方法

私は、もともと地黒で十代の時からひどい乳首の黒ずみに悩んでいました。誰にも相談できなくて辛かったです。

日々色々な方法を試し、ようやくたどり着いたのが低刺激の美白クリームです。とくにホワイトラグジュアリープレミアムという乳首の黒ずみ専用の解消クリームはすごいですね。みんなにも知ってもらいたいので紹介します。

ホワイトラグジュアリープレミアムについて

ホワイトラグジュアリープレミアムは、トータルビューティ美彩という美容品会社が開発した美白クリームです。バストトップの気になる黒ずみに使えます。

美白成分には、副作用の心配が少ない3種類のビタミンが配合されています。お肌の炎症を抑え整えてくれるヒアルロン酸やプラセンタなど7種類もの潤い成分も入っています。

まさにお肌のトータルケアができるオールインワンクリームです。しかも赤ちゃんにも使える低刺激処方だから、安心してバストにも塗れます。

乳首の黒ずみ解消にホワイトラグジュアリープレミアム

内容量:25g

使用方法

朝晩1回ずつ気になる所に塗ります。

最安値

公式サイト定期購入が最安値です。

定期購入の値段

コース 合計(税込) 内訳(税込)
通常 10,420円 本体9,980円、送料540円
定期 5,980円 本体5,980円、送料無料
(40%オフ)
お届け日数

公式サイトには、翌営業日に発送(ご注文日が土・日・祝日の場合、翌平日発送)とあります。配達先や天候によりますが、約2日~約5日だと考えて良いでしょう。

全額返金保障

90日間

最低継続回数

2回

ホワイトラグジュアリープレミアムは乳首だけでなく、全身に使えるところが気に入っています。乾燥して膝などの黒ずみが気になりだしたら、塗るようにしています。べたつきもなく、サラサラと伸びが良いので長持ちするところや、ヒリヒリしないところが気に入っています。

さすがバストケア専用の商品、使う人の気持ちをちゃんと考えているクリームです。
少しでも乳首の黒ずみに悩む方のためになればと思い紹介しました。バストの悩みを解消して、今以上に皆も明るく前向きな毎日がおくれますように。

私の乳首の黒ずみがどのくらい薄くなったか気になる方は、こちらのページのビフォーアフターの写真をご覧ください。