dragstore-top
「乳首の黒ずみを薄めてピンクにする方法って、なんかないかなぁ・・」って悩んでるとき、「そうだ!ドラッグストアでクリームとか探してみよう!」と思いました!

市販の化粧品って本当にいっぱいありますよね。その中には「美白化粧品」っていうものもあった気がして、それならバストトップを美白できるかも!?って思いついたんです!

そこで実際に調べてみたら、これは使えるかもって化粧品も結構見つかったり。その中で乳首の黒ずみを解消するための基礎知識とかもわかったので、それと合わせて一気にご紹介しちゃいます!

そもそも乳首の黒ずみは薄くなるのか、ならないのか?

乳首の黒ずみをピンクにする市販の化粧品を探す前に、「そもそもこれって市販品でのセルフケアで薄められるものなの?」って気になりませんか?

私も最初にコレを確認したんですが、どうやらこれは大丈夫!セルフケアでも乳頭をピンクにするのは可能なんですよ!コレが起こる原因とか、治すために必要なことを最初にご紹介しますね。

これがNG!乳首を黒くする原因は普段の生活にたくさん!

いつのまにかバストトップの黒ずみが起きることが多いと思うんですけど、実はコレ、普段の生活の中にいっぱい原因があるんですよ!

  • ブラとの摩擦
  • その他のこすれ、刺激
  • 不規則な生活
  • 紫外線
  • 加齢
  • 妊娠

加齢とか妊娠とか、私くらいの年齢の女性にはどうやっても避けられない原因もあるんですけど(泣)、「ブラとの摩擦」とかは若い子でも当てはまる原因ですよね。

だから乳首の黒ずみって年齢とは関係ないみたい。遊んでるから乳頭が黒いって都市伝説もあるけど、アレも関係ないんです。ブラが合ってなくてこすれがひどいと、中学・高校くらいの子でも真っ黒になったりするんですよ!

日本人で生まれつき真っ黒って子は少ないから、こういう日常生活になんか原因があって、バストトップの色が濃くなってることが多いんです。

メラニンが増えるから!?摩擦や刺激で乳首が黒くなるワケ

「摩擦や刺激があるとなんで黒ずみが起きるの?」って話ですが、これはお肌の中でメラニンが作られるからなんです。

メラニンとは?

  • お肌の奥で作られる色素
  • 髪の毛に多く含まれる
  • 黒い色素が多い
  • お肌が刺激を受けると作られる

紫外線を浴びたり、強い刺激を受けるとシミやソバカスができやすくなるのは、刺激にあわせてこのメラニンが作られるから!このメラニンが黒ずみの原因にもなりますので、乳首をピンクにするためにも避けたいんです。

乳首にメラニンが溜まると、ちょうど髪を染めたときのように、お肌がメラニンの色に染まっちゃうんですね。だから刺激を受けるとバストトップが黒ずみやすくなり、ピンクにするのも難しくなります。

摩擦や刺激以外の原因でも乳首が黒くなるワケは?

乳首をピンクにするためにも刺激や摩擦は避けたいわけですが、乳頭の黒ずみが起きる原因には「妊娠」や「加齢」のように、刺激と関係ない原因もありましたよね。これにもわけがあります。

原因 黒くなるメカニズム
妊娠 ホルモンバランスが変わってメラニンがどんどん増える
不規則な生活
加齢
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてメラニンが溜まりやすくなる

メラニンはホルモンの命令でも作られるので、妊娠してホルモンバランスが変わると、何も刺激がなくても勝手にメラニンがどんどん増えていきます。だから乳首も黒くなりやすいんです。

不規則な生活や加齢は、お肌のターンオーバーの乱れを招いて乳頭を黒ずませたり・・・。メラニンはターンオーバーで古い細胞と一緒に減らせるんですが、これが乱れるとできたメラニンがずっとお肌に溜まって、黒ずみやすくなるんですよ。

原因をなくせば乳首の黒ずみを解消してピンクにするのも可能!

いつのまにか起きたように見える乳首の黒ずみにも、ちゃんとそうなる理由があって起きてるので、コレを解消すればキレイなピンクにすることも可能!だいたい次のようなケアが基本ですね。

ケアの方法 効果 成分例
保湿 ターンオーバーの正常化 ヒアルロン酸、セラミドなど
美白 メラニンの抑制 アルブチン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン
トラネキサム酸、ルミキシルペプチドなど

保湿成分で適度に潤いを与えると、それだけお肌も健康になって正常なターンオーバーが促されます。これのおかげでメラニンが減りやすくなり、黒ずみが解消されやすくなります。

ただこれだけだと悪化を食い止めるだけに終わることが多いので、美白成分でメラニンの発生を抑えるのも大事!この2つのケアを一緒にやるのが、乳首をピンクにする方法って感じですね。

保湿や美白の成分をそれぞれ配合した化粧品もありますし、病院で処方してもらうという方法も。いずれかの方法で乳首が黒くなる原因を解消できれば、一度起きた黒ずみもだんだん元に戻って、やがてはピンクにすることができるんです!

保湿はわかるけど美白成分ってなに?

ところでセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分は有名ですし、「お肌に潤いを与える」って効果もわかりやすいですよね。でも美白成分って聞きなれないと思いますので、もう少し説明しますね。

これは黒ずみ解消ケアでよく使われる専用成分で、特に有名なのは「ハイドロキノン」や「トラネキサム酸」です。この成分の効果はメラニンの発生を抑えること。

これら成分を配合したクリームを塗っておくと、そこではメラニンができにくくなりますので、美白しやすくなるんですよ。乳首をピンクにするのにも役立ちます。

最低でも1~2か月は必要?乳首の黒ずみをピンクにするまでにかかる期間

保湿や美白それぞれのケアができたとして、本当に乳首の黒ずみが元に戻るまでにどれくらいの期間がかかるかというと、完全に色が戻るまでにはけっこうな時間がかかることが多いんです。

  • 美白効果を実感するまでに最低1~2か月
  • 効果の実感に3~4か月かかる場合も
  • ケアを継続してだんだん効果が強まる
  • 完全に色が戻るまでの期間は個人差も大きい

美白効果を実感するまでに、早い人で1~2か月、遅い方だと3~4か月かかります。このケアを継続するうちに効果が強まって、最終的に乳首の色をピンクにすることができる・・・というイメージですね。

ケアを始めて2~3日ですぐ乳首をピンクにする方法はほとんどありませんので、ここはちょっと気を付けてください!

乳首の黒ずみを解消するためのケアの方法は?

保湿・美白などの必要成分が配合されたクリームを用意できたら、あとは簡単です。それを地道に乳首へと塗ればいいだけですから。

塗る回数は商品にもよるけど、だいたい1日2回。塗る量は適量って感じで、バストトップに塗れたらいいから、そんなにたくさんの量はいらないかな。

塗る前はバストトップや指を清潔にすることだけ忘れないようにしてください。こんな感じで、クリームさえ用意できたら簡単に黒ずみ解消ケアができます!

乳首をピンクにする方法ではない!?気を付けたいNGケアとは

最後に、乳首をピンクにするためには避けたいNGケアについてご紹介しておきます。お肌の黒ずみ解消にはピーリングがいいともよく言われますが、乳頭にコレをやるのはやめた方がいいかも。

ピーリングとは

  • 不要な角質をはがすこと
  • ターンオーバーの促進にもなる
  • 専用のピーリング剤がある
  • 塗るだけで不要な角質を除去できる
  • お肌には多少の刺激がある

ターンオーバーを促すことで黒ずんだお肌の解消にも役立つんですけど、市販品だと刺激が強くて、特に乳首にはかなり強い刺激になったりするんです!

市販品だと病院のものよりは効果が弱いって話もありますし、それで刺激が強いとむしろ黒ずみが悪化しちゃいます。セルフケアとしてやるのはちょっと難しいので、これは避けた方がいいですよ。

これ以外の方法で、ちゃんと必要な成分が入ってるクリームとかを使えば、乳首の黒ずみを解消してピンクにするのは可能です!

ドラッグストアの市販のケア商品にはどんなものがある?

ヴァセリン
vaseline
効果・効能 お肌の保湿
値段 498円(80g/税込)
成分 ワセリン、酢酸トコフェロール、BHT

世界的に有名なスキンケアクリームですね!ドラッグストアでもいくつかの大きさがありますが、80gだと500円前後の値段です。

手の荒れの防止のために塗る方も多いですが、全身のいろいろな部位に使えます。塗った場所の水分蒸発を防ぎ、潤いを保ってくれます。

ニベア
nivea
効果・効能 お肌の保湿
値段 270円(56g/税込)
成分 水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン
水添ポリイソブテン、シクロメチコンなど

ヴァセリンと同じく世界的に有名なスキンケアクリーム。ほとんどのドラッグストアや薬局で買えて、手軽に全身へと使えるクリームですね。

サイズもいろいろあって、56gの中缶なら300円以内で買えちゃうことも。ヴァセリンと違って保湿成分がたっぷり!コレを塗れば足りない潤いをしっかり補充できます。

ジャムウクリアナノソープ
jamuclear
効果・効能 ニオイ、かゆみ、黒ずみ解消
値段 1,512円(1個/税込)
成分 石ケン素地、オクテニルコハク酸トレハロース
水、香料、チョウジエキス
ショウガ根茎エキス、ウコン根茎エキスなど

これは全身に使えるケア石鹸で、ワキやデリケートゾーンのニオイやかゆみ、黒ずみを解消してくれます。普通にこの石鹸でゴシゴシ洗うんじゃなくて、ケアしたい場所を泡パックするという少し変わった使い方に。

乳首の黒ずみにも使用がよくオススメされてます。こういう美白石鹸を使ったことがない人は、使う前に使用方法をよく確認するといいかも。

薬用ホワイトニングクリーム シミレス
similess
効果・効能 黒ずみ解消
値段 2,700円(50g/税込)
有効成分 グリチルレチン酸ステアリル
ビタミンB6ジパルミテート、ブタプラセンタエキス-1
その他の成分 スクワラン、ソウハクヒエキス、油溶性甘草エキス
BG、ジメチコン、ベヘニルアルコール
ステアリン酸、ミリスチン酸オクチルドデシルなど

これは薬用クリームで黒ずんだお肌を解消するための専用クリーム!ヴァセリンやニベアなどよりも本格的に効果がありそうで、乳首をピンクにするためにも使えそうですが、その代わりお値段もやや高め。

ちふれ 美白うるおいジェル
chifurebihaku
効果・効能 保湿・黒ずみ解消
値段 1,100円(108g/税抜)
有効成分 トラネキサム酸
その他の成分 濃グリセリン、BG、トレハロース
ヒアルロン酸ナトリウム(2)、油溶性甘草エキス(2)
トリ2-エチルヘキサン酸グリセリルなど

ちふれから出ているオールインワンジェルで、化粧水や乳液、クリームなど、合計6個の役割をコレ1個でこなしてくれます。

有効成分に美白成分のトラネキサム酸を配合。メラニンを抑えて黒ずみを解消しやすくしつつ、ヒアルロン酸などの保湿成分でお肌に潤いを与えてくれます。これも乳首をピンクにするためにかなり使えそうなクリームですね。

白潤 薬用美白クリーム
shirojun
効果・効能 保湿・黒ずみ解消
値段 1,170円(50g/税込)
有効成分 アルブチン
その他の成分 ビタミンCリン酸Mg、ヒアルロン酸Na‐2.DPG
ジグリセリン、スクワラン
濃グリセリン、メドウフォーム油など

美白有効成分にアルブチンを配合。潤い成分が他にも配合されていて、美白と保湿の両方をコレ1個でできる薬用クリームです。お手頃なお値段が嬉しい商品ですね。

オバジHQ ブライトニングナノセラム
obagi
効果・効能 黒ずみ解消
値段 9,000円(10g/税抜)
成分 ジメチコン、PG、ミネラルオイル
グリセリン、クロスポリマー
水、ハイドロキノン、ジオウ根エキスなど

お肌の漂白剤とも言われる美白成分「ハイドロキノン」が配合されているのが特徴!自宅でもハイドロキノンの効果を試せます。

ただし、普通のケアクリームなどと違って使用は夜の1回のみ。使用前のパッチテスト、使用中のUVカットがいるなど、注意点も多いです。値段がかなり高いのでそこも注意かも・・・。

アンティームホワイトクリーム
intime
効果・効能 保湿
値段 2,808円(100ml/税込)
成分 水、グリセリン、オリーブ油脂肪酸セテアリル
オリーブ油脂肪酸ソルビタン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
ジカプリリルエーテルなど

デリケートゾーンに使える保湿クリームですが、他にも脇や乳首など、黒ずみやすい他の部位にも使えます!一応は保湿効果がメインですが、お肌を明るい印象に導くという特徴も。

オーガニック原料にこだわって作られており、安心度も高め。デリケートゾーンにも使えるくらいですから、同じく繊細なバストトップにも使いやすいクリームです。

パイナップル&豆乳ローション
pineapple
効果・効能 抑毛、保湿
値段 2,500円(200ml/税抜)
成分 水、BG、グリセリン
豆発酵エキス、ダイズエキス
ブロメライン(パイナップル酵素)、ヒアルロン酸Naなど

全身へと気軽に使えるローションで、主な効果は抑毛ですが、保湿ローションとしての効果もあります。乳首にサッと塗れば潤いをキープ。乳頭周りに生える悩ましい産毛ケアにもなります。

ピンクヴァージンエンジェル
pinkvirgin
効果・効能 保湿・黒ずみ解消
値段 3,129円(60g/税込)
有効成分 グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス
その他の成分 3-O- エチルアスコルビン酸、ビサボロール
米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4
ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなど

乳首が黒ずんだときに使える美白クリームで、女優やタレントさんたちの間で口コミで広がったというのも特徴です。お肌を保湿するのはもちろん、メラニンを抑えるという美白効果もバッチリ!

これら市販品の中では、乳首の黒ずみをピンクにするためには一番使えるかも!?と思えるクリームです。

レディーピンク リフトキープクリーム
ladypink
効果・効能 保湿、肌のハリ
値段 3,340円(40g/税込)
成分 水、グリセリン、BG
ミリスチン酸オクチルドデシル、シクロペンタシロキサン
ジメチコン、ミツロウ、ベヘニルアルコールなど

これは化粧水や美容液、乳液など、合計5つの役割を1つで果たしてくれるオールインワンジェル。主に顔に使う物で、しっかり保湿してお肌のハリを保ってくれます。

乳首の黒ずみを解消してピンクにするのは可能?市販品を実際に使ってみた

ヴァセリン

すごく濃厚なクリームです。「ぼてっ」としてて塗るとすごく重たい感じ。ハンドクリームとして使うと気にならないかもだけど、乳首に塗るとちょっと違和感がすごかったです・・・。

ニベア

ちょっと固いクリームだけど、ヴァセリンよりはずっとサラサラしてて違和感も少なかったかな。薄く塗ると感触もかなり気にならなくなります。

ジャムウクリアナノソープ

こういうケア石鹸を始めて使ったけど、香りはとても爽やかで自然な感じがしました。乳首に泡を乗せるだけなので、脇とかに使うよりも使いやすかったかも。

薬用ホワイトニングクリーム シミレス

「ボディ用ホワイトニングクリーム」というわりに、ちょっと容器小さいなって思いましたが、私は乳首のために買ったのでそんなに不安感はありませんでした。

薬用クリームとのことですが、塗ってみた感じはごく普通のクリームです。乳首に塗っても特に違和感はありませんでした。

ちふれ 美白うるおいジェル

ジェルというだけあって、テクスチャはプルプルしてて乳頭に塗るのも気持ちよかったです。伸びがいいので、本当にちょっと塗るだけで黒ずんでいる乳首をカバーできたのがよかったですね。

白潤 薬用美白クリーム

クリームという名前ですがテクスチャはジェル状でした!やっぱりプルプルと瑞々しく、塗ってみてもよく伸びます。スーッと染み込む感じで、塗ってみて気持ち良さがありますね。

オバジHQ ブライトニングナノセラム

病院などで処方されることもある「ハイドロキノン」を配合とのことで、かなりドキドキしながら使いました。事前にパッチテストもやってみましたが、確かに他のクリームにはなかったピリピリ感が少しあったかも・・・。

使っている間は日焼け止めを必ず塗るなど、お試しで使ってみるにも意外と手間のある化粧品でした。

アンティームホワイトクリーム

クリームとありますけど、乳液のようにサラッとしたクリームで、乳首に塗ってもサラサラ感がすごく気持ちいいです!オーガニック原料にこだわってるからなのかな?すごくハーブっぽい香りがしました。

パイナップル&豆乳ローション

これまでたくさんあったクリームと違ってローションですから、塗った後の違和感はとても少なかったです。乳頭周りにサッと塗ってもすぐに染み込んで、あっという間にケアをしたのを忘れられました!

ピンクヴァージンエンジェル

黒ずんだ乳首に使えるとのことで、どんなクリームだろうと楽しみに出してみたら、ジェルっぽいテクスチャでした。スルスルっと塗れて乾くのも早く、バストトップにも使いやすかったです。

レディーピンク リフトキープクリーム

主に顔用のクリームですけど、効果が高そうだなぁと気になったので乳首に使ってみました!ジェルは本当にプルプルで、もう見るからに保湿効果が高そうなジェルです。伸びもよく、乳首にも使いやすかったですよ。

いろいろ試して、結局私の乳首の黒ずみをピンクにすることは・・・

すごくいろんな化粧品を試しましたけど、そもそもの目的だった乳首の黒ずみ解消は、残念ながらどれを使ってもダメでした・・・。

保湿効果とかで乳頭がスベスベして柔らかくなったような感じはあるんですが、肝心の黒ずみはほとんど変わってません。乳首をピンクにするのは夢のまた夢って感じ。

こういう結果もあって、ドラッグストアの市販品はちょっとオススメではないかなぁという感想でした。

なぜドラッグストアの市販の商品をおすすめしないのか?3個の理由

1、使われている成分が限られていて効果が弱い

薬局やドラッグストアで市販されているクリームや石鹸は、使える成分が限られており、効果が穏やかな商品が多かった印象です。

副作用とかが少なそうで安心なところもあるんですが、肝心の悩みを解決する力もやや弱そうです。一度黒くなった乳頭をピンクにするほどの商品は、なかなかなさそうです。

2、乳首の黒ずみを薄めてピンクにするための商品が見つかりにくい

とにかくいろんな商品はあったんですが、広く浅くいろんな症状へ使える商品が多かった印象ですね。「バストトップの黒ずみに使えます!」って商品は、意外と見つからず・・・。

「乳首の黒ずみをピンクにする!」のように、どうしても解決したい個別の悩みがあるとき、逆にピッタリの商品がなかなか見つかりませんでした。

3、お店によって取扱い商品に差がある

ドラッグストアで化粧品を探してみて思いましたけど、本当にお店によって取扱い商品が違う!ちなみにさっきご紹介したあれは、何軒かのドラッグストアを回って見つけたものです。

ニベアとかヴァセリンのようにメジャーな商品ならともかく、それ以外の商品が全部どこかのドラッグストアで見つかることはほとんどないと思います。

さっきご紹介した商品が気になる人も、あれを私と同じようにドラッグストアで揃えるのは、かなり苦労するかも・・・。この手間の多さも、ドラッグストアの市販品のデメリットですね。

そこまでしていろいろな商品を試しても、結局黒ずみは解消できなかったし、乳首をピンクにする方法として薬局とかの市販品はイマイチかなぁ・・・と思います。

乳首の黒ずみを無くしたい、薄くしたい場合はどうすればいい?

薬局やドラッグストアの市販クリームなどがあまりオススメでないなら、ほかに何が乳首をピンクにする方法となるんでしょうか?答えは人気の黒ずみ解消クリーム!

実は乳首の黒ずみに悩んでいる女性は多く、この症状を解消するための専用クリームが売られています。これらの多くは薬局などでは売っていないんですが、WEBの通販なら簡単に手に入るんですよ。

これらクリームの中には「効果が高い」と、特に人気の高いものも!そのクリームの中には「乳首の黒ずみ用」というクリームもあるんです!

コレらを使うとバストトップにも優しく、それでいてお肌の内側からしっかりと美白ができますので、やがては乳首をキレイなピンクにすることも可能!

まずは市販品を試してみるのもいいですが、なるべく効果の高いものがいいなら、こちらの人気の専用クリームでのケアから始めるのもオススメです!

知っておくとさらにお得!専用クリームの効果を高めるコツ

さらに、専用クリームと合わせて使うと美白効果がアップするコツもあります!コレも乳首をピンクにする方法としてとてもオススメ!

乳首の黒ずみ解消ケアのコツ

  • ブラのサイズや素材を見直す
  • お風呂で強くこすらないように注意
  • 規則正しく生活する
  • バランスよくしっかり食べる
  • ストレスを溜めこまない
  • 紫外線を浴びないように注意

これらは黒ずみが起きる原因を減らすセルフケアのコツ。予防策として有効で、これだけで黒くなったお肌を白くするのは大変ですけど、専用クリームと合わせるとクリームの効果が高まります。

何もしないときよりはクリームの効果が出やすくなり、より早く乳首をピンクにすることもできますから、一緒に知っておくといいですよ。

乳首をピンクにするため、あまりオススメじゃない他のケアとは?

乳首の黒ずみを解消するためのケアとして、他のものがオススメされることもあるんですが、専用クリームほどにはそちらはオススメじゃなかったり・・・。

ケアの方法 あまりオススメじゃないワケ
病院 通院の手間がかかる
治療費が全額自己負担で高い
食品を使ったセルフケア 効果があまり信頼できない

美容系の病院に行くと、専用の塗り薬やレーザー治療で乳首の黒ずみを解消できたりしますが、その代わりに通院の手間や全額自己負担の治療費、患部を先生に見せるといった負担があります。

乳首をピンクにするため、ヨーグルトやフルーツのエキスを使ったセルフケアなどもよくオススメされますけど、こちらは効果がないことが多く、結局悩みを解決できないことが多かったり。

セルフケアの中では効果の確実性が高く、病院に行くほどには負担が重くないので、なるべくセルフケアで確実に乳首をピンクにする方法がよければ、専用の黒ずみ解消クリームがオススメです!