bihakucream-top
バストトップの黒ずみをピンクにする方法として、美白クリームがよくオススメされてますよね。その中には「バストトップ用」というまさにピッタリのものもあるんですけど、それ以外の美白クリームもあったり。

同じような黒ずみ解消クリームなら無理に乳首用じゃなくても効くような気もしますけど、「実際どうなの?」とやっぱり気になりますよね。

そこで、乳首用ではない美白クリームを調べてみて、本当にピンクにする効果があるか、私が実際に試してみました!その結果をご紹介します!

そもそも普通の美白クリームで乳首の黒ずみは解消できるの?

美白クリームにバストトップ用とそうでないものがあるのを見ると、「部位によってお肌が黒くなる原因とかは違うの?」とも思えますよね。

もしコレが違うならやっぱり乳首用のクリームがよさそうですが、この点は心配なし!バストトップで起こる黒ずみも、それ以外の場所のものも、基本的な原因やメカニズムはほとんど一緒なんです!

だから普通の美白クリームでもバストトップの黒ずみを薄められたりするんですね。まずはコレについてお話しします。

乳首をピンクにするためにもチェック!お肌が黒くなる原因とは

そもそもどうして乳頭が黒くなったりするんでしょうか?その原因は、実はたくさんあるんです!

  • ブラによる摩擦、圧迫
  • 運動やお風呂で洗うときなどの刺激、摩擦
  • 乾燥
  • 肌荒れ
  • 加齢
  • 紫外線
  • 妊娠
  • ホルモンバランス
  • 乱れた生活習慣

この中のどれか1つが原因で乳首の黒ずみが起きることもありますし、複数のものが原因になっていることも!

とりあえずこれら原因に当てはまるほど、乳頭は黒ずみやすく、これをピンクにするのは難しくなります。

ある日、突然黒くなったように見えますが、ちゃんとこういう原因があって起きていることはチェックしておきましょう!

乳首をピンクにするためにも必須のポイント!黒ずみが起きるメカニズムとは

「ブラとの刺激が黒乳首の原因だった!」と言われても、「なんで?」って疑問がありますよね。私も最初はそうでした。乳頭が黒くなる多くの原因は「メラニン色素」なんです。

メラニン色素とは

  • お肌で作られる色素
  • お肌を刺激から守る役目がある
  • 摩擦、紫外線などの刺激で作られるのが基本
  • ホルモンの命令で作られる場合もある
  • 黒い色素が多い
  • メラニンが増えるほどシミやソバカスができやすい
  • 黒ずみの原因にもなる

ブラとの摩擦なんて、乳首にとっては強い刺激になりますよね。その刺激を受けるたびに、お肌でこのメラニン色素が作られます。

この色素が増えるほどお肌がそのメラニンの色に染まりやすくなって、シミやソバカス、そして黒ずみの原因になるんです。これはお肌を刺激から守るためでもあるので、決して有害なものではないんですけどね。

そのため、この色素はホルモンの影響でも作られます。妊娠したときに増える女性ホルモン、成長期の成長ホルモンが原因でメラニンが増えることも。

ですから妊娠期や成長期になると、何も刺激がなくても乳首が真っ黒になることもあるんです!特に妊娠期は赤ちゃんの授乳に備えて、乳頭を守るためにメラニンが増えて黒くなっているという説も。

ただ見た目がちょっと悪いため、この時期の女性でバストトップをピンクにする方法を探してる人はかなり多いですね・・・。

ターンオーバーとの関係も大事!メラニンがお肌に溜まるメカニズム

一度できたメラニンはずっとそのままかというと、実はそうでもないんです。お肌のターンオーバー(新陳代謝)で、古い細胞と一緒に消えることも多いんですね。

ですからこのターンオーバーが正常に回っているなら、乳首の黒ずみが少し起きても、自然にピンクにすることもできます。ただし、ターンオーバーは常に一定ではなく、正常に回らなくなることもあります。

ターンオーバーが乱れる原因とは

  • 睡眠不足
  • 偏った食事
  • 過労
  • ストレス
  • お肌の荒れ、乾燥
  • 加齢

こういう原因でターンオーバーが乱れると正常にお肌が入れ替わらなくなり、一度できたメラニンも減りにくくなります。

するとメラニンがお肌に溜まりやすくなり、バストトップも黒くなりやすく、ピンクにするのも難しいという状況に・・・。

生活習慣や加齢など、ターンオーバーが乱れる原因がそのまま乳首の黒ずみの原因に直結したりもするので、ここもしっかりチェックしておきましょう!

美白クリームはメラニンを減らす!乳首をピンクにする方法にもなる!?

私たちを悩ませてくれるバストトップの色ですが、こういう原因や流れで起きているものなんです。そして、コレを解消してくれるアイテムこそが「美白クリーム」!

これは黒ずみの原因となっている「メラニン」や「ターンオーバーの乱れ」を改善してくれる成分を、バランスよく配合した専用クリームなんです。

黒ずみの原因 解消する成分 成分例
ターンオーバーの乱れ 保湿 ヒアルロン酸、セラミドなど
メラニンの増加 美白 ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、ハイドロキノンなど

お肌を健康にすることが、そのままターンオーバーの正常化につながりますので、だいたいの美白クリームには保湿成分がたっぷり入っています。これでお肌の健康をサポートして、正常なターンオーバーを促すんですね。

そして普通のスキンケアクリームなどにはなかなか入っていないのが、美白成分!お肌に塗るとメラニンの生成を抑えたり、中にはメラニンの色を薄めてくれる成分も!この成分の効果で乳首の黒ずみを薄めやすくなります。

ムリにバストトップ用でなくても、美白クリームならこのような成分・効果のあるものが多いので、バストトップをピンクにする方法として使えることもあるんです!

普通の美白クリームはどう使うの?乳首の黒ずみへの使い方

普通の美白クリームをバストトップに使ってみたいときは、どういう使い方になるんでしょうか?これは各クリームにもよりますけど、それほど特殊な使い方にならないことが多いです。

  • 適量取って乳首に塗る
  • 塗る前には指と乳頭を清潔に
  • 1日2回程度のケアが基本

バストトップをカバーできる量でいいので、1回あたりの量は少なめで大丈夫。クリームを取ったら、それを乳頭へと薄く塗ってみてください。塗るときはあまり強くこすらないようにするのがコツ。

塗る前には指と乳首を清潔にすることを忘れないでくださいね。お風呂上がりなどがタイミングとしては塗りやすいと思います!塗る回数は1日2回、朝と夜とに塗ることが多いですね。

こうやって毎日地道に使っていると次第に黒ずみが薄まり、最終的には乳首をピンクにすることも可能です。

乳首の黒ずみをピンクにすることは可能?美白クリームにはどんなものがある?

ココキス
cocokiss
効果・効能 黒ずみ解消、ニオイケア
値段 6,800円(30g×2個/税抜)
成分 水、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、BG、グリセリン
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
トレハロース、硫酸(Al/K)、α-アルブチンなど

これはデリケートな場所に使える美容ジェルですが、黒ずみを薄めるだけでなく、ニオイケアにもなるのが特徴。デリケートゾーンやワキなどにも使えるボディケアジェルになります。乳首の美白目的でも使えそうです。

バージンホワイトセラム
virginwhite
効果・効能 黒ずみ解消、美肌ケア
値段 1,080円(30g/税抜)
成分 水、BG、グリセリン
水添ナタネ油アルコール、ミリスチン酸オクチルドデシル
水添ポリイソブテン、ステアリン酸など

デリケートな場所の黒ずみを薄め、透明感のあるお肌へと導く美容液です。デリケートゾーンにも使える商品で、バストトップをピンクにするためにも使えます。

刺激物も入っていないからお肌にも優しい!値段も安いので、とても使いやすそうなお手軽商品だなと思いました!

ピンキープラウド
pinkyproud
効果・効能 黒ずみ解消、ニオイケア
値段 3,816円(80ml/税込)
成分 水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリン
BG、セテアリルアルコール、スクワラン
ヒマワリ種子油、ステアリン酸グリセリルなど

デリケートゾーンやワキなど、女性のお悩みが多い部位へ使える美容液です。専用ケア石鹸の原料によく使われる「ジャムウ」を配合しているのがポイント。

これでニオイケアもしつつ、配合されているα-アルブチンの効果で黒ずみ解消ケアにもなるという優れもの。乳首をピンクにする目的でも使用OKです。

QuSomeホワイトクリーム1.9
qusome
効果・効能 黒ずみ解消、お肌のブライトニング
値段 6,480円(15g/税込)
成分 水, グリコール、シクロペンタシロキサン
トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、スクワラン
ハイドロキノン、セタノール、ジメチコン
ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコールなど

美白成分の中でも特に強力で、お肌の漂白剤とも言われる成分「ハイドロキノン」を配合!市販品でこの成分の効果を試せる貴重な美白クリームです!

黒ずみはもちろん、シミやソバカスなども目立たないお肌へと導いてくれます。乳首をピンクにする効果もなんか高そうですよね!

その代わり少し値段が高い点は注意。使用が夜1回だけになるのも気を付けたいですね。

白潤 薬用美白クリーム
shirojun
効果・効能 保湿・黒ずみ解消
値段 1,170円(50g/税込)
有効成分 アルブチン
その他の成分 ビタミンCリン酸Mg、ヒアルロン酸Na‐2.DPG
ジグリセリン、スクワラン
濃グリセリン、メドウフォーム油など

アルブチンという専用の美白成分が特徴の美白クリーム!アルブチンはよく使われる代表的な成分の1つですね。こういう成分が入ってる割に値段が安いので、けっこういいなって思ったクリームです。

chifurebihaku
効果・効能 保湿・黒ずみ解消
値段 1,100円(108g/税抜)
有効成分 トラネキサム酸
その他の成分 濃グリセリン、BG、トレハロース
ヒアルロン酸ナトリウム(2)、油溶性甘草エキス(2)
トリ2-エチルヘキサン酸グリセリルなど

コチラの有効成分はトラネキサム酸。さっきのアルブチンなんかと一緒で、やっぱり黒ずみ解消のためによく使われる成分なので「乳首をピンクにするために使えるかも!?」と思いました。

オールインタイプのジェルで、コレ1個で化粧水や乳液など、全部で6つの役割をしてくれます。日頃から美容に気を使ってる女性には嬉しいかも?

乳首の黒ずみを解消してピンクにする効果はある?実際に各クリームを使ってみた

ココキス

第一印象はすごく容器がカワイイなってことでした!フタを開けてみるとプルンとしたジェルが缶の中にしっかり入ってます!

見た目からわかるとおり、本当にプルプルのジェルで乳首にも塗りやすかったですよ。量も多くて使いやすさは十分でした。

バージンホワイトセラム

セラムっていうからちょっとトロトロのクリームを想像してたんですが、思ったよりはしっかりしたクリームでした。でも乳首に塗るならこれくらいが使いやすいかも?と思います。

テクスチャはすごく柔らかくて、伸びもいいです。バストトップにも優しく塗れて、特に刺激になることもなかったですね。乾くのも早め。

ピンキープラウド

美容液と聞いていたのですごくサラサラしてるものを想像してたんですが、思ったよりもクリームっぽかったです。でもそのおかげでやっぱり乳首には塗りやすかったかも。

バストトップへの刺激も軽め。塗った後もスッと乾く感じで、違和感も少ないですよ。

QuSomeホワイトクリーム1.9

ハイドロキノン配合ということですし、一応は顔に使うのが基本のクリームなので、ちょっとドキドキしました。使用が夜1回だけなのはハイドロキノンの性質によるもの。

昼間に使うと黒ずみとかをむしろ悪化させたりするとのことで、夜になってから使うように注意してました。

クリーム自体は柔らかいけど、乳首に使うとちょっとピリピリする感じがありました。やっぱりそれだけ強力なクリームってことなんですかね。バストトップに使えるかは、人によるかも。

白潤 薬用美白クリーム

フタを開けてみると中にはジェルのクリームがたっぷりと!とてもプルンプルンのジェルで、手の甲に試し塗りしてみるとその伸びの良さに驚きました!

テクスチャが柔らかいので、乳首のようなデリケートな場所にも塗りやすかったです。塗った後もスッと乾くので、ブラの中で気持ち悪くなることもなかったですよ。

ちふれ 美白うるおいジェル

ジェルという商品名の通り、こちらもテクスチャはジェル!プルプルしてて柔らかく、乳首にもとても塗りやすいジェルでした。乾くのも早いので、ブラの中で蒸れたりする心配はやっぱりありませんでした。

乳首をピンクにする効果はイマイチだった?どのクリームも黒ずみに変化なし

実際にいろいろ塗ってみて、「気持ちいいな」ってクリームもありましたけど、今大事なのはバストトップの黒ずみへの効果!

実際どうだったかというと、実はほとんど効果なし・・・。一応は美白クリームだったので期待は大きかったんですけど、思ったほど乳首の黒ずみが薄まりませんでした。

ずっと塗り続けていたら違うのかもしれませんけど、少なくとも普通の美白クリームに乳頭への強い美白効果はないみたい・・・。

実際に自分が使ってみると、思ったほど普通の美白クリームはオススメじゃないかも?と思いました。

乳首をピンクにする方法になぜ普通の美白クリームはおすすめじゃない?2個の理由

1、乳首の黒ずみに最適の効果じゃない

黒ずみの仕組みは基本的に同じですから、特にバストトップ用でない普通の美白クリームでも、ある程度の効果はあります。ただし、あくまである程度。最適な効果ではないんです。

やっぱり部位によって最適な成分配合があって、そこに塗るために作られた専用の美白クリームの方が、より高い美白効果があります。

一度黒ずみが起きたあと、それをピンクにするほどの効果が欲しければ、やっぱり乳首用のクリームの方が望ましくはありますね。そこまでの効果がない普通の美白クリームは、特別にオススメというほどでもないんです。

2、乳首に塗ると合わない商品もある

美白効果が少し出にくくなるだけではなく、乳首用でないクリームを塗ると少しお肌に合わない場合もあります。これも普通の美白クリームがあまりオススメではない理由ですね。

乳頭は女性の体の中でも特にデリケート!だから刺激にも弱く、ブラとのこすれなどで簡単に黒ずんでしまいます。密かに悩んでいる女性が多いワケですね。

そういう場所ですから、どちらかというとバストトップ用のクリームの方が安心です。それ以外のクリームを塗ると、人によっては肌荒れしてしまうことも。お肌に合わない乳頭をピンクにするどころか、むしろ黒ずみが悪化する恐れもありますからね。

特に普通の美白クリームには「顔用」というクリームが多いので、ここは気を付けてください。顔に塗るものと体に塗るものは成分配合が変わっていることも多く、顔用をバストトップに塗ると合わないことも多いかも?

このような理由で、特に乳頭の黒ずみ用ではない美白クリームは、あまりオススメではないんです。乳首をピンクにする方法なら、別の方法がオススメ!

乳首の黒ずみを無くしたい、薄くしたい場合はどうすればいい?

普通の美白クリームがイマイチなら、では何ならいいんでしょうか?もうお気づきかもしれませんけど、専用の黒ずみ解消クリーム!それもできれば体中の黒ずみに効果が高いと人気のものや、バストトップ用のものがオススメですね。

これならバストトップの内側からしっかり美白できますし、塗ってみてお肌に合わないこともほとんどありません。

具体的にどんなクリームがあるか、いくつかご紹介しましょう。

効果が高いと人気の美白クリーム 乳首用クリーム
イビサクリーム

ヴィエルホワイト

ピューレパール
ホワイトラグジュアリープレミアム

ホスピピュア

特にオススメなのは、体のいろいろな部位の美白に効果的だと評判のが高い「イビサクリーム」や、乳首用のクリーム「ホワイトラグジュアリープレミアム」などですね。

これらを使うのがバストトップをピンクにする方法としてオススメです!

これらクリームを使っている女性は多い!?黒い乳頭への男性陣の感想とは

これら専用の黒ずみ解消クリームは、まさに一度黒くなったバストトップをピンクにする方法になるわけですが、こんな便利なクリームがあるのは、それだけ乳頭の色に悩んでいる女性が多いからです。

そのワケは、乳首の黒ずみに向けられる男性陣の目も大いに関係しています。あるアンケート調査では、「女性のバストトップが黒かったとしたら?」という質問に、次のような回答が多かったそうです・・・。

  • 遊んでるんだなって思う
  • ガッカリする
  • 一気に萎える
  • なんか汚く見える
  • 老けて見える

この中で最も多くみられたのは、やっはり「遊んでる女だと思う」だったそうで、50%以上の男性がそう答えたと言います!

すでにご紹介しましたけど、この黒ずみが起きる原因はブラとのこすれとか、女性ホルモンの影響とかであって、男性経験の多さとバストトップの色は関係ないんですけどね・・・。

でも実際にはそう思われることが多いので、「乳首をピンクにする方法」のことで悩んでる女性ってホント多いんですよ。だからそれを解消するための乳首用クリームとかもあるわけです!

普通の美白クリームよりバストトップにも効くことが多いので、コッチを使う方が自然かも?と私は思います。

乳首の黒ずみをピンクにするためにもオススメしたいケアのコツ

ご紹介した専用の美白クリームを使うだけでも効果的なんですけど、合わせて実践したいケアのコツがあります!コレを一緒にやるとさらにクリームの効果が出やすくなるんですよ

一緒にやりたい黒ずみ解消ケアのコツ

  • 摩擦やこすれになるブラは買い替える
  • お風呂や運動などでのこすれを避ける
  • 規則正しく生活する
  • 食事は偏りなくしっかり取る
  • 美白効果のあるビタミンCを意識して取る
  • 紫外線を浴びないように注意する

このコツは乳首の黒ずみの原因をなくす生活のコツ。いわば予防策になるコツですね。一度黒くなったあと、このコツだけでピンクにするのは難しいですが、専用クリームの利用と合わせると効果大!

ますます黒ずみが起きにくくなり、改善もしやすくなります。ただクリームを塗るときよりも早く効果が出て、元の色に戻りやすくなりますよ。

ちなみにすべてのコツを完璧にできなくてもOKです。心当たりのある原因を1つでも減らすだけで効果がありますから、できる範囲でぜひやってみてください!

あまりオススメではない?気を付けたいその他の方法とは

乳首をピンクにする方法として、専用の黒ずみ解消クリーム以外の方法が言われることもありますが、そちらはあまりオススメではないんです。最後にこちらをご紹介しておきますね。

その他のケアの方法 デメリット
トレチノイン・ハイドロキノン療法 副作用が強い

治療費が高い
レーザー治療 通院の手間がかかる

治療費が高い
美白石鹸 専用クリームより効果に時間がかかる
ヨーグルトパック 効果が非常に弱い

美容整形や美容皮膚科なら乳首をピンクにする治療があります。そのときによく使われるのが「トレチノイン・ハイドロキノン」といった塗り薬や、レーザー治療です。

お医者さんの診察もあるだけに効果の確実性は高いですが、その代わり治療費が高いのが難点。美容治療になるので、健康保険が原則使えないんです。通院の手間があったり、副作用があったりというのも気を付けたいですね。

自宅できるセルフケアなら、専用の美白石鹸や、ヨーグルトパックなどもよく言われますが、こちらはクリームよりも効果が弱いことが多く、効果が出るまでに時間がかかりがち。

こういうデメリットがあるので、乳首をピンクにする方法としてオススメなのは、やっぱり専用の黒ずみ解消クリームなんですね!病院など他の方法を特に希望しないなら、まずこのクリームの利用から始めるのがオススメです!